Interview

インタビュー一覧

インターナショナル・クルーズ・マーケティング株式会社 中川節子さん 後編

「シルバーシ―・クルーズ」や「ザ・ワールド」など世界各地のクルーズ会社の日本地区正規販売代理店を務めるインターナショナル・クルーズ・マーケティング株式会社の代表取締役・中川節子さん。

クルーズ旅の魅力について存分に語っていただきました。

 

 

●アクティブ派もリラックス派も楽しめる

 

ロズリン : 1週間も船に乗ったら退屈するのではないかと言う人もいます。実は私も、乗る前はそれを心配していました。

 

中川 : 乗ってみると、忙しかったのではないでしょうか(笑)。船に乗るとき、たくさん本を持っていく方がいらっしゃいますが、読む暇がないみたいですよ。

 

ロズリン : 小さいけれど図書館もありますものね。私は小説、3冊読みました。ふだんは読む時間がまったくないので、嬉しかったです。

 

中川 : 仰る通り、ゆったり過ごすのもいいですし、毎日アクティブに、寄港地に着いたら精一杯遊んで過ごすのもいいですよね。外国の方は、プールサイドで本を読んで楽しまれる方も多いですが、日本の方は概してアクティブですね。

でも、実際、忙しいんですよ。朝起きたらブレックファースト、次にランチ、現地の観光から戻ってシャワーを浴びてビール飲んだりしながらリラックスしたらアフタヌーンティーの時間になって、カクテルタイムがあって、ディナー、そのあとバー。結局一日中、なにか食べてますね(笑)。

 

ロズリン : おかげで4キロくらい太ってしまいました(笑)。

 

中川 : そうなんですよ。みなさん3キロくらいは太って帰られます(笑)。ダイエットしなくちゃ、ってみなさん、デッキを走ってらっしゃいますね。大海原をみながらのジョギングやウオーキングは気持ちいいですよ!

 

 

●二人で10日間乗ると約100万円

 

ロズリン : あとみなさんが心配されるのは、服装ですかね。

 

中川 : 豪華客船でフォーマルと言うと、タキシードやロングドレスじゃなくちゃいけないんじゃないかとおっしゃるんですけど、最近はだいぶカジュアルダウンしてきました。男性なら、ジャケットやダークスーツにタイをしていれば大抵、大丈夫。女性なら、ロングドレスじゃなくても、ホテルのレストランに行くくらいで十分です。

 

ロズリン : 費用はどれくらいかかるんですか。

 

中川 : 船のランクによりますが、高級船ですと、お一人様一泊あたりだいたい5、6百ドル。日本円にして5、6万円、お二人で10万円ちょっとです。10日間乗ったら100万円ってことですね。

 

ロズリン : それなりに、しますねえ。

 

中川 : カジュアルな船は、1泊1万円以下のもあります。でも、そうするとカフェやバーでいちいちお金を取られたりして、トータルすればそれほどお安くはないこともあるので、注意が必要です。

 

 

●50代以上の夫婦が多いが、一人旅も大歓迎

 

ロズリン : お客さまはどんな方が多いですか。年齢層としてはどのくらい?

 

中川 : 日本人は50代以上の方が多いです。だいたいは夫婦単位ですが、家族2世代、3世代、あるいは友人同士で乗る方も。還暦のお誕生日祝いで、子どもたちとそれぞれの家族も一緒に、大勢で乗られる方もいました。

13歳以下の子どもがタダになる船もありますので、お子さま連れの方も多いですね。キッズルームなどがあり、大人が食事をしたり寄港地観光に行っている間、預かってくれるので安心です。

また最近は、ハネムーンでの利用もありますし、ヨーロッパでは修学旅行で船を使うこともあるんですよ。

 

ロズリン : ハネムーンなんていいですね! 

 

中川 : 船内で結婚式ができる船もあります。ウエディングドレスを着て、海を背景に写真を撮ったり、すごく素敵です。

 

ロズリン : ロマンチックですね。

 

 

ロズリン : 一人で乗る方もいますか。

 

中川 : たくさんいらっしゃいますよ。シングルの方を集めてのパーティーなども開催されるので、そこでお友だちができたりします。楽しいと思いますよ。

 

ロズリン : どんなクルーズ旅が人気ですか。

 

中川 : 最近の流行りは、リバークルーズとエクスペディション(探検船)でしょうか。

 

ロズリン : 探検船というと、どのあたりに行くんですか。

 

中川 : 南極とか北極とか、ポリネシアのあたりですね。欧米の方は外洋のレジャークルーズ旅はすでにたくさん経験しているからか、特殊なものを好むみたいです。

 

●1回乗るとクセになる

 

ロズリン : 中川さんの会社では、どんなクルーズ旅を扱っていらっしゃるんですか。

 

中川 : もう数限りなくあります。今、どんどん新しい船ができていますし、うちが直接扱っているのはちょっとラグジュアリーなタイプの船中心ですが、それ以外でもご希望に合わせていろいろなタイプの船をご紹介しています。

 

 

ロズリン : 直接、扱っていらっしゃるのは何社くらい?

 

中川 : だいたい12、3社ですね。うちは船会社と直結しているのでお客様へのレスポンスは早いです。すぐに空き状況が調べられ、予約できるんです。

 

ロズリン : そうなんですね。今、人気がある船は予約がなかなか取れないみたいですね。私たちも今年、北極に行きたかったんですけど取れなくて、来年に予約しました。

 

中川 : 乗船中に次を予約するといいですよ。日程はあとからでも変更できますし。

 

たとえば地中海だと7泊とか8泊の旅が多いのですが、船って初めて乗ると最初は慣れなくても2日くらいすると生活のパターンが見えてきて、4日目、5日目がいちばん楽しいわけですよ。それで6日目になると、そろそろ下船の案内が来てしまう。そこでみなさん、次を予約するんです。すごくよかったから、ここで降りるのはいやだ、って気持ちになっちゃうんですね。

 

ロズリン : 私たちも乗っている間に予約すればよかった。船によっては5%割引にもなるので後悔してます。

 

中川 : 1回乗るとクセになりますよね。私も船に乗るようになってから、飛行機で旅行するとすごく疲れてしまって。どんなに船が楽か、楽しいか、ということがすごくよくわかります。なので、若い方にもどんどん乗っていただきたいんですよ。

 

ロズリン : クルーズ旅、本当におすすめです。中川さんとお話ししていたら、すぐにでもまた乗りたくなりました。今日は夢いっぱいのお話をありがとうございました。

 

 

 

【感想】

クルーズ旅の裏話や流行など、魅力についてたくさん語ってくれた中川さん。

「もっとクルーズのよさを広めたい」と夢を持っていらっしゃいました。クルーズ旅のお客様へ楽しみや癒しを提供することに真剣に向き合われている姿勢が印象に残りました。

ホテルにいながら観光地がやってくるようなクルーズ旅なら、何度でも行きたくなりますね。中川さんの夢が多くの人に届きますように。

 

 

 

 

 

 

 



Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode