Interview

インタビュー一覧

口で絵を描く、車椅子の画家 古小路浩典さん 後編

絵があってよかった、描き続けてきてよかった。

10代で頚椎を損傷、全身マヒとなり、車椅子で生活する古小路浩典(こしょうじ ひろのり)さん。当時の入院先で口と足で描く画家の存在を知り、挑戦。退院後に本格的に指導を受け、職業画家となりました。現在は勇気ある1人暮らしをしながら、絵を描き続けています。

 

 

■飼っていた猫をテーマに描いたことも

 

ロズリン:絵は、油絵ですか。

 

古小路:そうです。色鉛筆や水彩画にもチャレンジしてみたんですが、油絵の具のほうが粘着力が強く、パレットを立てた状態で混色して色をつくれるので、これがベストだと行き着きました。絵の具を重ねて、厚みを出していくのが面白いです。

 

ロズリン:絵のテーマは?

 

古小路:いろいろです。メルヘン画ではなくて、風景画であったり人物画であったり。これは(と指し示して)、前に飼っていた猫です。

看護師の娘さんが拾って、育てられないというので引き取りました。一緒に生活していると、いろんな姿が見られるので面白くて、たくさん描きました。

 

 

ロズリン:私も猫が好きで、合計で7匹飼っています。私は写真をよく撮るのですが、なかなかじっとしてくれません。

 

古小路:ですよね。自由気ままで、カメラを向けると隠れたりします。今だ、と思った瞬間に撮ると、本当に自然ないい表情なんですが。わざとポーズをとることもありますね。

 

ロズリン:今は、その猫は?

 

古小路:もう亡くなってしまいました。

 

ロズリン:別の猫は飼っていますか。

 

古小路:いえ。また猫と暮らしたい気持ちはありますが、同じような感じで飼えるかどうか。前は、猫好きの人が近くにいて、その人のところで預かってもらえることもあって大丈夫だったんですが。どこかで踏ん切りをつけて、飼ってみようかなとは思っています。

 

ロズリン:描いた絵は、個展や展示会に出すのですか。

 

古小路:協会主催の絵画展が定期的にあるのでそこに出すのと、商用のイラストを描いています。個展は、春と秋にやっています。

 

 

ロズリン:こういうテーマで描いてくれ、と頼まれることもあるのですか。

 

古小路:協会と打ち合わせをして、テーマを決めて描くこともあれば、割と自由に、たとえば今度、オリンピックがあるからそれに向けて、動物たちがスポーツをやっている絵などを描くこともあります。

 

■好きな画家はモディリアーニ

 

ロズリン:絵を描くうえでのインスピレーションはどこから得ているんですか。

 

古小路:海外が舞台の映画を観て、いい風景だなあと思うと、その一コマが頭に残って、下絵を描いているときにポッと浮かんできたりします。映画を観ることが好きだし、アイデアの元にもなってますね。

 

ロズリン:好きな画家はいますか? 

 

古小路:人物画を描く絵描きさんが好きなんです。たとえば、モディリアーニとか。不思議な絵描きさんですよね、同じ絵ばかり描いているのに、とても魅力的。

あとは、形がユニークだったり、構図が面白い絵にも惹かれます。風景画でも静物画でも、何か惹かれるバランスがある。

 

ロズリン:小さいころは漫画を描いていたと言っていましたが、今でも漫画を描くことはあるんですか?

 

古小路:漫画は描かないですけど、憧れてはいます。たとえばスヌーピーみたいに、単純な線でさらっと描いているようだけれども何か訴えかけるものがあるって、いいですよね。

 

 

■これからも絵を描き続けていきたい

 

ロズリン:これから表現したい世界は?

 

古小路:ストーリーがある絵を描きたいという思いがあります。できるだけ、絵本の一部として成り立つような絵を目指して描いています。

 

ロズリン:絵本を描くのが夢なんですね。

 

古小路:はい。挿絵を描いたことはあります。子育てをテーマにした絵本です。クマの親子を描きました。

 

 

ロズリン:親しみを感じる絵ですね。

 

古小路:いずれにしても、いい絵を描きたい、それが目標です。実は今年、協会の大会に参加するためにバルセロナに行く予定だったんですが、体調を崩して行けず、絵も3ヶ月くらい描けない状態でした。最近、やっともとの生活に戻れたんです。

休んでいる間に、やっぱり自分はずっと絵を描き続けたいなという思いが膨らみました。障がいを負ってしまったけれど、絵があってよかった、描いてきてよかった。初心に戻って、これからも頑張っていきたいと思います。

 

 

【感想】

17歳という若さで重度の障がいを負ってしまったにも関わらず、「絵を描く」という目標をもって意欲的に活動をされている古小路さん。

協会に飾られている古小路さんの絵からは、人一倍の優しさとあたたかさが伝わってきました。これからも是非、色々な絵を描き続けてほしいですね。

わたしも古小路さんの絵を楽しみにしています!

 

プロフィール

古小路浩典さん

1963年、宮崎県延岡市出身。9才の時に父親の仕事の関係で岡山県倉敷市に移る。高校生のときに器械体操のクラブ活動中に頭から落下し、頚椎を損傷、全身麻痺に。退院後から職業画家について指導を受け、絵描きとしての活動開始。「口と足で描く芸術家協会」のメンバーとして、収入を得ながら1人暮らしをしています。



Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode