Interview

インタビュー一覧

口で絵を描く、車椅子の画家 古小路浩典さん 前編

絵があってよかった、描き続けてきてよかった。

10代で頚椎を損傷、全身マヒとなり、車椅子で生活する古小路浩典(こしょうじ ひろのり)さん。当時の入院先で口と足で描く画家の存在を知り、挑戦。退院後に本格的に指導を受け、職業画家となりました。現在は勇気ある1人暮らしをしながら、絵を描き続けています。

 

 

●リハビリで絵を描き始め、職業画家に

 

ロズリン : 10代という若いころに事故に遭われて、生活がガラッと変わったのでしょうね。

でも、こうして絵を描いて、今は1人暮らしをしている。ファイトがありますね。もともと絵を描くのが好きだったんですか。

 

古小路 : 子どものころは、家ではおもちゃより、広告の裏などに絵を描いて遊んでいました。絵というより漫画、落書きのようなものですが。それで、けがをして長期で入院したときに、ストレスもたまるし、車椅子にずっと座っていることも苦痛だったので、何かできることはないかと。首は動いたので、口で鉛筆をくわえて絵を描くことで、少しでも車椅子に長く乗れるようにしようと。はじめはリハビリの一環でした。

 

 

ロズリン : 本格的に描くようになったのは?

 

古小路 : 退院して、今後、障がいをもちながらどういうふうに生きていこうかと思ったときに、何か目標がほしかったんです。

病院ならプログラムがあり、リハビリをしながら生活できていたけれど、もとの生活に戻ると、自分で何か情熱を傾けるものを見つけなければいけない。そんなとき、知り合いの方に、同じような状態の人で口にペンをくわえて絵を描く人たちがいるということを教えてもらったんです。リハビリでは真似事でやっていたけれど、ちゃんとやってみようかなと思いました。

そういうことを周りに相談しているうちに、子どもに絵を教えているという洋画家と知り合って。その人がぼくに興味をもってくれて、絵を習うという環境ができました。

そのうち、こちらの「口と足で描く芸術家協会」のことを知り、奨学金制度があるということで応募してみました。絵を職業にできるかどうか自信はなかったけれど、とにかくやってみようと思ったんです。

 

 

ロズリン : 奨学金制度に受かって、本格的に勉強を始めたんですね。

 

古小路 : 週1回先生に来てもらって3時間くらい一緒に過ごすという生活を15年くらい続けました。

 

●ドイツで始まり、世界中に広まった「口と足で描く芸術家協会」

 

ロズリン : こちらの協会は、ずいぶん古くからある国際的な組織なんですよね。本部はどちらですか。

 

古小路 : ヨーロッパのリヒテンシュタインです。もともとはドイツで始まりました。障がいをもっていたドイツの画家さんが、公園で、歩いている人の似顔絵を口で描いて売っていたのが始まりです。

 

ロズリン : いつごろのことですか。

 

古小路 : 1956年です。描いていたら仲間が十何人集まってきたので、同じ境遇の人で助け合おうということで協会を立ち上げました。日本での設立はその5年後、1961年です。

 

ロズリン : 今は世界中に広まっているんですね。

 

 

古小路 : 74カ国にあります。

 

ロズリン : 素晴らしい組織ですね。どのくらいメンバーがいるんですか。

 

古小路 : 日本には22名、世界中では800名くらいです。80代の方から12、13歳の方まで、年齢は幅広いですよ。

 

●34歳で上京し、1人暮らしに挑戦

 

ロズリン : 今は1人暮らしをしていますね。

 

古小路 : 17歳で事故に遭い、1年8ヶ月入院した後、自宅に戻って以来ずっと家族と暮らしてきました。

当時はまだ両親も若く、お風呂に入れてくれたり、力仕事もしてもらっていました。でも、いずれそれも難しくなる。また、自分自身にも、大人になったら故郷を離れることが自然だというイメージから、いつか家族から離れて生活してみたいなという憧れがありました。

そのうち、絵を描く活動を通して知り合いが増え、「東京においでよ」と誘ってもらって。東京なら出版社も美術館もたくさんある。都会暮らしをしてみようかな、と思い始めたんです。

 

(古小路さんが描いた姪っ子さんの絵)

 

ロズリン : 体に不自由があるのに、勇気がありましたね。生活は大変でしょうね。

 

古小路 : 今は福祉の制度がしっかりしているので、ヘルパーさんを派遣してもらうことで生活できています。自分でいろいろと管理しながら、スケジュールを決めてやっています。1年、2年と経験を積んでいくうちに、だいぶ慣れてきました。

 

ロズリン : ヘルパーさんは、毎日来てくれるんですか。

 

古小路 : 交代制でほぼ24時間、誰かしらが来てくれます。公的な援助があるんです。ありがたいことですね。ヘルパーさんには絵の具を横に出してもらったり、いろいろな協力をしてもらっています。

 

ロズリン:生活のなかで、絵を描く時間は?

 

 

古小路 : 絵を描き始めたばかりのころは、2時間も描くと疲れてしまったんですけど、そのうちに肩や首に筋力がつき、5〜6時間ぶっ続けで描いて、休憩をはさみ、また寝る前に少し描くことができるようになりました。みんなが8時間働くのだったら、と自分もそれを目標にしています。

 

古小路さんの描く絵と、これからの目標について、後編で伺います。

 

 

プロフィール

古小路浩典さん

1963年、岡山県倉敷市出身。高校生のときに器械体操のクラブ活動中に頭から落下し、頚椎を損傷、全身麻痺に。

退院後から職業画家について指導を受け、絵描きとしての活動開始。「口と足で描く芸術家協会」のメンバーとして、収入を得ながら1人暮らしをしています。

 



Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode