Interview

インタビュー一覧

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会 島田祐子さん 後編

国連の難民支援機関であるUNHCR(ユーエヌエイチシーアール/国連難民高等弁務官事務所)の日本における公式支援窓口である国連UNHCR協会で、主に法人からの支援を募る業務を担当している島田祐子さん。日本人初の国連難民高等弁務官として活躍された緒方貞子さんの著書を読み、人道的な活動に共鳴してこの道を志しました。

 

 

●外資系企業からNPO法人へ

 

ロズリン : 島田さんご自身の話を伺いたいです。なぜこの仕事をしようと思いましたか?

 

島田 : 5年前までは民間の事業会社に勤務していました。大学卒業後、外資系の投資銀行に就職して、数度の転職も経験しましたが、金融やコンサルティング分野が中心でした。ものすごく忙しくて、夜中に仕事をしているときなど「私は誰のために仕事をしているんだろう」と思う瞬間がありました。

そんなときに学生時代に読んだ緒方貞子さんの本を再読する機会がありました。私は修士号を取得していないので国連機関に就職することは考えにくかったのですが、国内にNPOの形で支援拡大のための活動を行っている組織があることを知り、キャリアの集大成とするならこういうところがいいな、と考えたことがきっかけです。

 

 

ロズリン : 金融機関のなかではどのような仕事をしていましたか?

 

島田 : 最初の投資銀行では企業の資金調達と合併のアドバイザリー業務をしていて、その後、税務アドバイザリーの会社にお世話になりました。

 

ロズリン : 今は、具体的にどういう仕事をされていますか。

 

島田 : 私が所属するチームは、法人の支援者様の窓口として、事業協力・資金協力のご相談やご報告を担当しています。また別のチームでは、個人で支援をして下さる方向けのキャンペーンを行っています。お手紙やデジタル経由で支援をお呼びかけしたり、駅前、商業ビル、ショッピングモールなどで青いジャケットを着て、募金呼びかけを日々行っています。

 

ロズリン : 資料を見たら、映画祭など色々な活動が載っていますが・・・。

 

島田 : UNHCR難民映画祭のことですね。今年で13回目になります。若い方や映像に興味がある方々向けに難民をテーマにした映画を年に数本紹介することで、難民という人たちがいること、そこにストーリーや人生があることを知っていただくためのイベントです。

 

ロズリン : 金融関係の仕事とは、内容が全然違いますね。

 

島田 : はじめは全然違うんだろうなと思っていましたが、実は共通項がたくさんあります。寄付をお願いする仕事は緻密なマーケティングとともに、支援者様への丁寧な情報共有が求められるので、事業会社の仕事での経験が生きていると感じます。また、皆さまからのご支援をお預かりして難民支援活動に役立てるため、信頼性が何よりも重視されますし、財務的な仕事をするにあたっても、前職の経験は大いに役に立っています。

 

 

ロズリン : 非常にお忙しいようですね。

 

島田 : もしかしたら転職前より忙しいかもしれません。でもチームでやっているので頑張れます。何より目的がはっきりしているので、なぜこの仕事をしているのか疑問を持たずにいられることはありがたいです。日本の支援者の方々の気持ちを難民支援の現地に届けること、また逆に、現地の難民の方々の「ありがとう」という感謝の声や笑顔を支援者の方にお届けすること、そのように橋渡し的な役割をさせていただいていることに、とてもやりがいを感じています。

 

●ロヒンギャキャンプで知った難民たちのたくましさ

 

ロズリン : 現地に行く機会はあるのですか?

 

島田 : 今年の3月にバングラデシュのロヒンギャ難民の方が滞在する世界最大規模のキャンプを訪ねる機会がありました。現地に行ったのは今回が初めてで、本当に貴重な体験でした。

バングラデシュはインドの南側に位置する小さな国で、人口は1億6千万人です。そこに86万人を超えるロヒンギャ難民が住んでいるのです。ちなみにそのうち70万人近くは昨年8月の武力攻撃からの大規模な避難により、わずか3,4か月の間にミャンマーから移動してきた方々です。

 

ロズリン : バングラデシュがその人数を受け入れてくれたことは大きいですね。

 

島田 : そうですね。大きな判断だったと思います。

 

ロズリン : 人数が一気に増えると、土地やシェルターの確保が大変だと思います。どのように確保するのですか?

 

 

島田 : わずか数か月の間に、バングラデシュ政府の協力を得て、丘陵地帯の木を切り倒して開墾する必要がありました。そこに見渡すかぎりシェルターが立ち並んでいるのですが、竹にビニールシートを立てかけただけの掘っ立て小屋のようなものが多くみられました。ただ私たちが行った3月は、5月以降の雨季に頻発するモンスーンに備えて、もう少ししっかりしたシェルターへのアップグレード作業が急ピッチで進んでいました。また洪水対策として、橋を高所に架け替える作業や地滑り対策も行われていました。

 

ロズリン : 雨季という問題もあるのですね。

 

島田 : そうなんです。たとえばお手洗いの汚水槽は、土の中に穴を掘って染み込ませるだけのものも多く、モンスーンが襲ったらあふれて、飲み水を汚染する危険があります。もともと湿地帯なので蚊の被害も多いのですが、雨季には蚊を媒介した病気が流行るなど、より深刻な問題を生む可能性があるんです。

 

ロズリン : 衛生面でもさまざまな対策が必要ですね。飲み水の確保も大変でしょう?

 

島田 : 飲料水は、土壌汚染とは関係のない深いレベルまで井戸を掘れば手に入る場所もあれば、雨水を溜めるしかない場所もあります。雨水は浄水する設備が必要になりますが、建てる資金や時間が足りません。対策としては、汲んだ雨水に浄水用の薬剤をいれて飲める状態にして使います。

 

 

ロズリン : 厳しい状況ですね。

 

島田 : 彼らの生活の大変さは覚悟して行きました。実際、感傷的になってしまうような話もいくつも聞きました。ただ、思った以上に彼らはたくましく、キャンプに落ち着くことのできた今、家族や子どもたちの教育や未来について考える余裕が生まれてきているという印象があり、そこに希望を感じましたね。難民自身がシェルターの改築や道路の舗装などの作業に積極的に参加して、自分たちでキャンプを作り直すという作業をしていました。難民キャンプは日がな一日やることがなく、無為に過ごさざるを得ない人が多いのではないかという先入観を持っていたのですが、そんなことはなく、非常に活気のあるキャンプでした。

 

(ロヒンギャキャンプ内で自立支援の一環として難民女性が作っている石鹸)

 

 

●難民問題を多くの人たちに知らせたい

 

ロズリン : では、今後こんな活動をしたいというようなことはありますか?

 

島田 : 難民について、問題意識を共有してくださる企業経営者の方を1人でも増やしていくことです。私は法人を担当していて、企業経営者の方々とお話させていただく機会も多いのですが、日本の法人セクターからの支援はまだまだ伸びると思いますし、伸ばす努力をしていかないといけないと思っています。

 

ロズリン : どうしたら伸ばしていけるのでしょうか。

 

島田 : 難民問題をご存じない方々にお伝えしていくのはもちろんなのですが、難しいのは、知ってはいても足踏みされている方々に共感していただくことです。どんな方法がいいか日々考えています。たとえば、ミャンマーがメインのマーケットである企業さんなどでは、ロヒンギャ支援を行うことがマーケティング的にどうなのかと検討した結果、支援を躊躇されてしまうようなケースがあります。企業の事業戦略と合致する支援の形をご相談しつつも、政治的な背景とは切り離した人道支援の重要性、今、世界のすべてのセクターが力をあわせて支えなくては、難民をめぐる状況はもっと悪くなりうる、という危機感を共有することができればと思っています。

 

ロズリン : やりがいのあるお仕事ですね。少しでも多くの方に難民問題を知ってもらえるように、是非頑張っていただきたいです。今日はお話ありがとうございました。

 

 

【感想】

緒方貞子さんの著書にふれ、この道を志したという島田さん。日本に住んでいると、こういった本を読まない限り難民問題について考える機会が少なく、どうしても遠い世界のことのように思えてしまいます。ですが、こうしてお話を伺うと決して縁遠いことではなく、逆に日本に住んでいたり働いているからこそできる支援が沢山あります。

1人でも多くの人が不自由なく生活を送れるように、私もまずは正しい理解を深めるところから始めたいと思います。

島田さん、貴重なお時間をありがとうございました。

 

【国連UNHCR協会について】

国連UNHCR協会は、国連の難民支援機関であるUNHCR(ユーエヌエイチシーアール/国連難民高等弁務官事務所)の活動を支える日本の公式支援窓口です。UNHCRの活動資金は、各国政府からの任意の拠出金ならびに民間からの寄付金に支えられていますが、もっと広く民間からも支えていこうという機運が世界的に高まり、日本では2000年10月に、民間の公式支援窓口として、特定非営利活動法人 国連UNHCR協会が設立されました。

https://www.japanforunhcr.org

 



Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode