Interview

インタビュー一覧

ナレーター 高島由紀子さん 後編

現在、ナレーターとして様々な活動をしている高島さん。実はナレーターになるのは子供の頃からの夢だったそうです。彼女はどのように子供の頃からの夢をかなえたのか。そしてどんな風に今も努力を続けているのかを伺いました。

 

 

【後編】

●自分に足りない表現力をつけるため、芝居の勉強を始めた

 

ロズリン : ラジオアナウンサーの次にどんな仕事をされたの?

 

高島 : 東京に戻ったのは体調を崩したこともあり、当初はのんびりと活動を始めました。

その後大手の事務所に所属したのですが、これまでのアナウンサーとしての経験を活かして、私は企業向けのナレーションやCMを受けることが多かったですね。

そこで数年お仕事をした後、仕事の幅を広げたいと思い、現在所属している事務所へと移りました。そこでは通常のナレーションの仕事のほか、ドラマに少し出たり、ニュースキャスター役で映画にちょっと出たり。それまでとは違う種類の仕事へ広がりがでたんです。

 

 

ロズリン : ラジオと違って、顔も出すお仕事になった。

 

高島 : そうですね。カメラに向かって話すのが慣れないうちは難しかったです。家でビデオカメラを買って、家で練習しました。画面に文字が出るプロンプターも、最初は慣れなくて。流れていく文字を追うのがけっこう難しかったです。やはり自分には何か足りないものがあるということが、いろんな仕事をすることでさらに自覚できました。

オーディションに受からなかったり、監督のいうとおりできなかったり。人が求めるものをなかなか表現できなかったので、仕事とは離れたところで表現力をつけようと思い、芝居の勉強も始めたんです。

 

ロズリン : あらすごい。劇団にはいったんですか?

 

高島 : 知り合いに小劇場に出ている方たちがいたので、ボランティアで勉強させていただいたんです。

アナウンスやナレーションは体を動かしませんから、最初はセリフは言えても舞台で棒立ちで、「何だそれは!」と監督に怒鳴れてしまったり。どうしたらいいのか、本当にわかりませんでした。できないのが悔しかった。

 

ロズリン : 難しいですよね。でもだんだん慣れたのでは?

 

高島 : はい。3〜4年続けていくうちに、慣れました。

それまではナレーションで、感情を込める表現など恥ずかしい気持ちがあったんですが、舞台で演技の勉強をして、むしろ楽しくなってきたんです。

 

ロズリン : それはよかったですね。今も続けているのですか?

 

高島 : いえ、今はやってないのですが、実は約10年前から、舞台の関係者からご紹介いただいた狂言の先生のお稽古に通っています。

日本の伝統文化を勉強してみたいと始めたんですが、そのおもしろさにはまり、今はすっかり趣味にもなっています。

 

 

ロズリン : すばらしいですね。私も狂言は大好きです。今までも、年に何回かは見に行っていますよ。

私、時代劇の言葉はわからないんですが、狂言は何とかわかるんです。

 

高島 : そうなんですか。すごい!

 

ロズリン : 声の出し方はまったくちがいますが、いい勉強になりそうですね。その舞台に立つことはあるんですか?

 

高島 : 趣味の域ですが、発表会で年に1回立っています。休日はお稽古三昧です(笑)。

 

●走ることが好き。フルマラソンに挑戦したことも

 

ロズリン : ほかに体を動かすことは?

 

高島 : はい。走るのが好きです。もともと高校時代陸上部で、昔から走ることが好きでした。

フルマラソンにも、もう10年以上前になりますが、仕事としてオーストラリアのゴールドコーストマラソンに挑戦させていただいたんです。

 

ロズリン : 仕事というと?

 

高島 : 観光案内の映像で、初めてフルマラソンに挑戦する人の姿を撮りたいということで。フルマラソン経験者と2人で挑戦しました。

それまでフルはしり込みしてた部分がありますが、せっかくの機会なので、やってみようかと。毎日30分ぐらいですが走って練習しました。

 

 

ロズリン : フルは大変ですよね。走れましたか?

 

高島 : それが、天気がよくて、とても走りやすかったんです。暑くも寒くもなく、ちょうどよくて。景色がきれいでサーファーズパラダイスのところをずっと走っていたのですが、ゴールドコーストは本当に海がきれいですね。

 

ロズリン : 最高です。空気もおいしいし。

 

高島 : そうですね。住宅地では、住民の方たちがバーベキューをやりながら、応援してくださって、すごく心強かった。

 

ロズリン : やはりマラソンを走った私の友人が言ってましたが、20キロをすぎる頃から、疲れてもうやめようもうやめようと思っていると、沿道の方が「がんばれ」と声援送ってくれると、なんとか最後まで走れるそうです。

 

高島 : ゴールが見えてくるとほっとしますよね。私も最後のあと5キロというところはきつかったのですが、やはり声援で元気をいただきました。道も平坦で、ゴールドコーストマラソンは初心者の方にはおすすめです。その映像はかなり長い間流れてたみたいです(笑)

 

 

ロズリン : それは見たかったですね。他の場所で走ったことは?

 

高島 : おととし、ホノルルマラソンを走ったのですが、すごくアットホームな大会で、やはり、地元の方々の応援に励まされて走りきれました。

日中は気温が高いので朝5時にスタートするのですが、だんだん気温が上がってくるのと、後半にあるダイアモンドヘッドの上りがきついんです。最後の最後に坂があるのでね。

 

ロズリン : そんなきつい思いをしても走るのはなぜですか?

 

高島 : 「自分との対話」みたいなところがあって、何を考えているわけじゃないけど、何となく頭の中が整理されていく感じでしょうか。

フルマラソンは確かに30キロを過ぎた地点からきついけど、歓声が後押ししてくれ、徐々に景色がビビッドに見えてくる。

そういうことを魅力に感じます。

 

ロズリン : 走ってみないとわからない経験でしょうね。

ご自分の夢だったナレーターに関してはどうですか。やってみて、どんなことを感じましたか?

 

高島 : 1つの作品が完成するのがおもしろいし、ナレーションで、物作りに関われるのが楽しいです。

 

ロズリン : ナレーションの仕事に興味のある人に向けて何かメッセージがありますか?

 

高島 : あきらめないことですね。そして続けること。私自身、それだけをやってきたと思います。その都度、これが必要だからと勉強しながら仕事をする繰り返し。

やりたいという気持ちを持って、ぜひあきらめずに続けていただきたいと思います。

 

ロズリン : ご自身は、今後どのように仕事をしていきたいですか?

 

高島:いろいろな分野のナレーションをしたいのと、これは最終目標ですが、人の心を動かせるような朗読会みたいなことができたらと思っています。

 

ロズリン : 高島さんならきっと実現できますよ。 応援しています。今日は本当にありがとうございました。

 

 

【感想】

とてもエネルギッシュな高島さん。ナレーターになりたいという子供の頃からの夢を実現させただけでなく、そこから広げて色々なことに挑戦し続けている姿には刺激をもらいました。何事もあきらめずに続けると必ず形になることを、体現されていますね。

これからも夢に挑戦し続ける高島さんを応援しています!

 

【高島由紀子さんプロフィール】

東京都出身。2000年、ラジオ福島にてアナウンサー職で入社。中継やナレーション、インタビュー、一人喋りなど、幅広く活動する。2004年に俳協への転籍をきっかけに、舞台にも出演。2008年よりアクロスエンタテイメント所属し、現在に至る。趣味は、着付け・トレイルランニング・狂言。



Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode