Interview

インタビュー一覧

国際歯科研究学会でロンドンへ

久しぶりのブログです。(しばらくの間、忙しかったです!)

今年の夏は酷暑でしたが、皆さんはいかがお過ごしでしたか?

 

私の夏は、海外出張からスタートし、出張後そのまま現地から夏休みに突入(笑)。

久々の長期休暇ですっかりリフレッシュして、今はまた毎日を忙しく過ごしています。

 

いくつかに分けて、この夏のことをご報告したいと思いますが、今回はまず、ロンドンで開催されたIADR(国際歯科研究学会)についてお話したいと思います。

 

お土産プレゼントも考えていますので、お楽しみに!

 

 

初日に会場で撮影したものです。

 

IADRは以前にもこちらのブログで紹介していますが、毎年開催され、各国から歯科関連業者と専門家(歯科医師や学者など)が集まり、様々な研究成果が発表されます。

企業がブースを出展し、オーラルケア商品を紹介もしています。

 

これまでもだいたい毎年サンギ研究員が参加し、研究成果を発表していますが、今年はサンギにとって特別な年でした。

学会のプログラムの1つとして、サンギ主催で “オーラルケアにおける、ナノ粒子ハイドロキシアパタイト” のシンポジウムを開いたからです。

 

海外でのこの様なシンポジウムは、サンギにとっても初。

タイ、ドイツ、米国の研究者、そして日本からは私が登壇しました。

 

 

テーマは、歯科におけるナノ粒子ハイドロキシアパタイトテクノロジーの役割。

日本で生まれたこの技術は世界的に注目され、「ハイドロキシアパタイト」が現在幅広く歯みがき剤などに使われているということです。

そのパイオニアとして、また長年商品開発に携わってきたサンギとしては、本当に喜ばしいことです。

 

シンポジウムでは、ナノハイドロキシアパタイトのむし歯予防、バイオフィルム(歯垢)の除去、知覚過敏に対する予防効果と、安全性(これが私の発表です)についても講演され、周りからも評判が良かったと聞いています。

 

 

そして今回もサンギは、商品展示を行いました。

これまでも何回も商品を出展はしていましたが、今回は今年のヨーロッパ市場進出に伴って、ヨーロッパ向けに製造した、新「アパガード」と「アパデント」商品を紹介しました。

 

サンギは、6か国でOEMを含めた商品を展開してきましたが、いよいよ昨年ドイツに現地法人を設立し、EU市場での発売を8月からスタートしたんです!

 

「アパデント」の研究を発表したロシアの研究者と

 

説明するサンギ研究員

 

今回はポスター発表も行い、シンポジウム、商品展示を含めて、たくさんの方にサンギの研究や独自成分、商品について、深く知っていただく機会を持つことができました!

 

我々の開発した商品群を、世界中の方々に使っていただけるように。

これからも頑張ります!

 

 



Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode