Interview

インタビュー一覧

歯科衛生士 片山章子さん 前編

 

大切な歯を守る予防歯科の存在を、もっと多くの方に知ってほしい。

目指すは、削る治療が圧倒的に少なくてすむ歯科医院!

 

片山章子さんは、フリーランスの歯科衛生士。臨床の現場に立ちながら、「予防歯科の普及」をテーマに研修や講演活動に力を注いでいます。そんな片山さんに予防歯科の必要性や歯科衛生士という仕事について語っていただきました。

 

(前編)

 

ひょんな流れで歯科衛生士に

 

ロズリン : 肩書きが「フリーランス歯科衛生士」とのことですが、具体的にはどのような働き方をしていますか?

 

片山 : 歯科衛生士として、週3回は歯科医院に勤めていますが、主な業務は、皆さまの大切な歯をむし歯や歯周病などの疾患から守るためのメインテナンスです。皆さまには、歯科健診と保健指導という言葉の方がイメージなさりやすいかもしれませんね。

一方で、講師として、次世代の歯科衛生士を育てるために、全国各地へ赴き講演や研修活動を行なっています。

 

ロズリン : 歯科衛生士になったきっかけは?もともと歯に興味があったんですか?あるいは歯科医院に縁があったとか?

 

片山 : いいえ、実は興味もご縁もありませんでした。

高校時代に進路を決めるころ、将来について初めて腰を据えて考えましたが、絵を描くことが好きだったので、その道に進めないかと思いました。それで、美術の先生に相談したら、もっと早くから行動していないと、美大を目指すのは無理だと言われたんです。そう言われてすぐに諦めましたが、諦めるということは本気じゃなかったんですね。

 

 

さあ、どうしようかというときに、目的の持てないままで進む大学の道よりも、手に職をつけて働く方が堅実だと思い、専門学校に行くことを考えました。そのキッカケのひとつは、おそらく母の影響です。母は、私が幼少の頃は専業主婦でしたが、外の世界で働くことに強い願望があり、子供たちが成長した頃には自営業を営んでおりました。その頃は、女性が仕事をするための環境が今ほどは整っていない時代だったと記憶しています。そのようななかで、働く母の姿を近くで見ており、それが心に残っていたんでしょうね。

 

 

どのような専門職に就こうか考えていたころに、歯科衛生士の養成校があることを知りました。地元は福井県なんですが、県内に学校ができて間もない頃でした。このときに歯科衛生士という職種があることを初めて知り、好奇心がわいたのを覚えています。人の健康に直接関わりお役に立てる仕事がしたいと、漠然と考えたのですが、実は、看護師という選択肢もあったんです。でも、夜勤が怖くって(笑)。私、かなりの怖がりで、テレビで怖い番組を見ただけで、シャワーも浴びられなくなっちゃうんです。その点、歯科衛生士なら、夜勤がない。それも、歯科衛生士養成校入校を決めた理由ですね。

 

ロズリン : そんなユニークなきっかけで、こんな素晴らしい歯科衛生士が生まれたなんて! 運命ですね。神様に導かれたんですね。 

 

片山 : ですが、学生の頃は、そもそも歯科衛生士という仕事がどのようなものかも分かっておらず、目指すものがボンヤリとしていて、学校ではかなりの落ちこぼれでした。先生にご迷惑ご心配かけてばかりでしたが、本当によく面倒みてくださったな…と。今はもう感謝の思いばかりですね。

 

歯周病患者を任され、プロとして目覚めた

 

ロズリン : いまのお仕事のやり方に行き着くまでの流れは?

 

片山 : 専門学校を卒業し、地元の歯科医院に6年ほど勤めました。そこでの主な仕事は歯科医師の治療アシスタントで、歯科衛生士個人として患者さんを任される場面はありませんでした。これも時代でしょうが、このころは今のように歯科衛生士の専門業務をおこなえる歯科医院は少なかったと思います。

また、携帯電話やPCも普及していない時代ですし、東京とくらべて情報を得る手段や機会がすくないこの頃は、自身の仕事に疑問をもたず、そんなものだと思っていたのでしょうね。歯科衛生士としてのミッションもありませんでしたし。

 

ロズリン : では、その時点ではまだ、仕事が面白い! と思っていたわけではなかったんですね。

 

片山 : そうですね。でも、汗水垂らして一生懸命働き対価をいただくという、そんなあたり前のことですが、社会人としての大事な基本を学べたと思います。

 

ロズリン : では、仕事が面白くなったきっかけは?

 

 

片山 : 結婚を機に上京し、今までとは全く違う環境に身を置き、歯科医師のアシスタント以外の歯科衛生業務をはじめて任されたことです。上京した後に勤めた歯科医院で、歯周病の患者さんの治療に携わりましたが、それまでは治療のついでに行う、いわゆるクリーニングしか経験がなかったので、どうしてよいか分からずに自分の無力さを思い知りました。経験も知識も、専門家としてのスキルがあまりにも足りてないことに気づかされたんです。いまの自分では患者さんに貢献できないと痛感しました。それで、その足りないものを補うための勉強をしなければと思ったんです。

 

ロズリン : どのように勉強したんですか?

 

片山 : 歯科衛生士が集い学ぶスタディグループに所属したり、様々なセミナーに参加したり。その時は、とにかくできるだけ多くの情報と知識を得て技術を身につけたいという気持ちが強く、学ぶテーマを絞らずに機会を見つけてはすぐに出かけていました。セミナー開催などが乏しい今までの環境と違い、あちこちで見聞きする情報は、すべてが新鮮で衝撃的でした。同時に、自分の実力の無さをますます感じさせられました。でも、それがよかった。自身と向き合うことで、歯科衛生士の資格に恥じぬよう貢献するプロ意識がようやく芽生えたのだと思います。

 

ロズリン : ターニングポイントになったのは?

 

片山 : 学びをすすめていくうち、予防歯科に取り組みたいという思いがわいてきました。同じ頃に、スタディグループの定例会があり、たまたまそばに座ったメンバーのひとりにその思いを話したところ、その方は予防歯科に力を入れるため開設したばかりの医院の主任だったのです。しかも、ちょうど常勤の歯科衛生士を探していたタイミングでした。ラッキーなことに、お声をかけていただき、理事長との面接に伺い雇っていただけることになったのです。本当に素晴らしいご縁に恵まれました。

 

 

痛くなる前に歯科医院へ来てもらう難しさ

 

ロズリン : 「予防歯科」とは、具体的にどのようなものですか。

 

片山 : 「予防歯科」は、あらゆるリスクや疾患から歯を守り、お口の健康を管理することです。例えば、むし歯という疾患ですが、穴があいてから削る治療ではなく、穴があく前に予防することが大切です。むし歯も歯周病も、悪化するまでに段階があり、軽度なら適切なケアで予防できるんです。

そのためには、一人ひとり違う疾患のリスクを把握して、その個人のリスクに応じたケアプログラムを立てて実践することが必要なんですね。それが、メインテナンスです。歯を守る予防は、このメインテナンスが土台となります。大切なことは、若いときからメインテナンスを始めて、定期的に受け続けること。私たちは、大切な歯をひと削りもしたくない思いから、全員に生涯メインテナンスを受けてもらいたいと願っています。

 

 

ロズリン : なるほど。多くの人は歯が痛くなって初めて病院に行くと思うんですが、いまのお話を聞いていると、「予防歯科」とは「痛くなる前に病院へ」というものなんですね。

 

片山 : そうなんです。でも、それがなかなか難しいんです。

 

インタビューは後編へと続きます。お楽しみに。

 

 

<片山章子さんプロフィール>

「大切な歯を守る」信念のもと、医療法人社団純厚会 銀座デンタルケアークリニックを中心に様々な歯科医院で予防歯科を実践するフリーランスの歯科衛生士。痛みがでる前に歯科医院へ通う「お口の定期健診」があたり前の習慣になることを願い、女性誌取材や講演会出演で「むし歯も歯周病も適切なケアで予防できること」を発信する。また、予防ケアのスペシャリストである次世代の歯科衛生士を育てるために、専門誌執筆や全国各地へ赴く研修活動にも力を注ぐ。

URL:http://dh-katayama.jp



Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode