Interview

インタビュー一覧

茶道講師 中川貴美さん 前編




日本の伝統文化である茶道の講師として活動中の宗華さん(お茶名)こと中川貴美さんとお母様をお迎えしての前編です




学生時代をアメリカで過ごした国際派で、英語力を生かし、外国人へのお茶の指導にも積極的に取り組んでいます。そんな宗華さんと、宗華さんのお母様に、茶道の魅力について伺いました。


日本舞踊もお茶も、海外留学も母の影響が大きい
 
ロズリン:今日はお茶の体験をありがとうございました。茶道にふれるのはは久しぶりで、ちょっと緊張しました(笑)。すてきなお茶室ですね。マンションの中とは、とても思えません。

 


 
宗 華 :ありがとうございます。3年前にこちらに越してきたときに本格的な茶室を作りました。お坊さんにつけていただいたお茶室の名前は、「知音庵」。本当に気の合う人たちと集う場所、という意味が込められています。



お茶の体験をさせていただきました 左下はバルコニー



宗華さんのご自宅の中のお茶室
 
 
ロズリン:こちらでお茶を教えているの?
 
宗 華 :いいえ。横浜の実家で、母といっしょに教えています。こちらでは、いろいろなところから頼まれてお茶を点てたり、お茶事をしたりしています。
 
ロズリン:そもそもお母様がお茶の先生なんですよね。お母様はどのようにしてお茶の道に入られたのですか?
 
母   :もともとはお茶ではなくて、日本舞踊をかなり熱心でした。それで和の世界にはなじみがあったんですが、最初雰囲気がいいなあ、やってみたいなあと高校生のころから思い、はじめはお遊びで始めたんです。



そして、一応はお免状もいただいた。でも、お茶の先生になるなんて、思ってもいませんでした。
それが娘が小学生のころ、いまの言葉で言えば“ママ友”に「お茶を教えてほしい」と言われたんです。ママ友に頼まれて、半ば強引に始めたのが37歳のときでした。
 
「教えるのなら適当な教え方しちゃいけない」って主人がうるさく言うもんで、私もきちんとした先生につくことにして。そこから本格的に始めて、あっという間に33年経ってしまいました。
 
ロズリン:宗華さんは、お母様に日本舞踊も教わったの?

宗 華 :そうです。小さいころ日本舞踊を教わっていました。でも昔の日本のお稽古事って厳しくて。
 
母   :娘にも厳しく接していたら、途中で「踊りなんてやらない!」と言って辞めちゃったのよね(笑)。

宗 華 :その後、高校からアメリカに行ったので、しばらくは遠ざかっていましたが、日本に戻ってきてから再開したんですよ。いまでも日本舞踊は大好きです。
 
ロズリン:なぜ高校でアメリカへ?
 
宗 華 :母から、留学したかったけれど父親の反対に断念したと聞いて、アメリカの高校に行きたいと思うようになったんです。
 
母   :私は中学生のときから海外に憧れていて、よく話していたんです。主人の友だちがピッツバーグに住んでいらしたので、その近くなら安心だろうと送り出しました。



宗 華 :影響されやすいんです(笑)。私がやっていることって、全部母の影響だなと思います。
 
母   :お茶も、はじめは「絶対やらない!」とか言ってたのに(笑)。


アメリカでの経験で、和の文化の素晴らしさを感じ取ることができた
 
ロズリン:それにしても、高校からひとりでアメリカとは度胸があります。そのとき英語は話せた?
 
宗 華 :いいえ、まったく(笑)ですから、大変でした。言葉ももちろんのこと、食事や文化が異なるのでつらいことが多かったです。でも今となっては、いい経験だったなと思います。

 
 
ロズリン:日本に帰ってきたきっかけは?
 
宗 華 :やっぱり日本が好きなんです。

お茶ではお菓子や道具組み、例えば4月から5月は炉から風炉へと変わるのですが、火の見える大きな道安風炉を使います。昔はまだ肌寒かったので、お客様に暖かさを感じとってもらうのです。しかし現代では5月は日によって暑い日もあり、ただお茶は昔のままそれが残っており道具や、お菓子で、よりいっそう、四季が感じられるということです。

帰国してから少しずつお茶の世界に入り、いつの間にかすっかり入り込んでしまいました。
 
ロズリン:この次は、日本で気づいた、お茶の魅力について教えてください。
 
 
<中川貴美(お茶名・中川宗華)さんプロフィール>
 
表千家茶道講師。小さい頃から母に日本舞踊と茶道の指導を受ける。
母は表千家茶道教授で日本舞踊花柳流の名取。
 

◆お稽古なさりたい方は(初心者から教授者まで)ご連絡ください。
(東京稽古はご相談の上)
大人の方からお子様まで、男女問わず外国人の方もお待ちしております。
TEL:045-786-9367
 

 



Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode