Interview

インタビュー一覧

狂言鑑賞

今週火曜日、伊豆修善寺にある温泉旅館 「 あさば 」 で狂言鑑賞をしてきました。


    
         奥に見える建物が昼間の月桂殿
皆さんは日本の古典芸能狂言 」 をご覧になったことありますか?
幽玄美 ” を体現する歌舞の 「 」 とは対照的で、対話を中心とした少し滑稽な
要素もある、:-D 人間の習性や本質を描いた喜劇です。

狂言とともにユネスコ無形文化遺産:**:に登録されていますね。

セリフは昔の言葉で語られますが、外人の私でも何となく理解できます。
登場人物がとてもユニークに描かれていて、私は学生の頃から好きで
よく観劇していました。今でもだいたい年1回は観ているんですよ:heart:

あさば旅館も非常にユニークなところです。

その能舞台月桂殿 」 は、旧大聖寺藩主前田子爵より寄進された舞台で、
明治後期に旅館の七代目当主が深川富岡八幡宮から移築したそうです。
そうそう、狂言能の舞台で上演されます。
:wink: もちろんあさば旅館では、お能もときどきあります。)

月桂殿はとても素晴らしい舞台で、宿泊用のほとんどのお部屋から眺める
ことができます。

上演は夜。部屋のある母屋と舞台の間には池がひろがり、その水面には
灯篭の明かりが浮かび、とても幻想的でロマンチックです:heart:




 
今回の演目は、 「 仏師 」 と 「 鎌腹 」。
仏師 」 とは仏像を彫ってもらおうと都に出てきた田舎者を、都のすっぱ
いたずら者 ) が仏師と偽りだますお話し。
もう一つの 「 鎌腹 」 は怠け者で仕事に行かないに怒る
こんな侮辱をうけるならと自ら腹を切ろうというは止めようとするどころか、
やれるものならやってみろと捨てゼリフを残し立ち去りますが、後に引けなくなった
夫の運命は?というお話し。:mrgreen:

鎌腹・太郎役は人間国宝野村万作でした。彼の息子さんは野村萬斎
狂言以外でも活躍していますね。

学生のときは、萬斎の初舞台も観たこともあるし、万作のお父さんで同じく人間
国宝
万蔵の狂言も観たことがあるんですよ。 

:**:本当に感激するものです。



 
日本の素晴らしい古典芸能である狂言、おすすめですよ。
あさばの露天風呂もサイコーです! :-D 旅館狂言、いかがですか?

 
温泉旅館あさばの情報はこちら: http://www.shuzenji.info/ryokan/asaba.html


 


Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode