Interview

インタビュー一覧

迷子のヒツジ

ニュージーランドは、よりヒツジが多いとよく言われますが、
実はオーストラリアにも、:mrgreen: 牧場でたくさんのヒツジが飼育されています。
 

前回ゴールデンウイークオーストラリアへ戻った際、
おもしろい出来事:**:がありました。

いとこの子どもが、なんと 「 迷子のヒツジ 」 を拾ってきたんです:!!:

乗馬からの帰り道に、街へと向かう道路わきにうずくまっている子ヒツジ
発見しました。 オーストラリアでは、 :wink: ヒツジ迷子になるんです!
 
そういえば以前、友人のガレージにふらりと水を飲みにやってきた
コアラのお話もしましたね。
 

通常、牧場などで生まれたヒツジには、ある年になるとその農場のもの
だとわかるようマークが付けられますが、生まれたてで逃走したんでしょう。
 

彼女はの、日本でいう “ マンション ” に住んでいますので、もちろん部屋で
動物を飼うことは難しい。 しかもヒツジですから成長すると大きくなるでしょう。
 
ヒツジを発見した近くの牧場主に何軒か尋ねたそうですが、どこもうちのヒツジ
ではないということでした。
ひきとってもいいと言われても、母親がいないので、おそらく処分されてしまう
ということだとわかっていたそう。
 

あまりの愛らしさに、とりあえず5階マンションの部屋で一晩だけ
あずかったんです。 哺乳びん を買って、ベビー用のミルクも飲ませました :heart:
そして名前を 『 サニー 』 と名づけたの。
 

それがこちら。 :-D かわいいでしょう?! 私がとった写真です。

 
 逃げないように絵で囲う           ミルクをあげています


で何と、引き取り先をいろいろ探していたら、ある施設を見つけたんです。

それが、 『 Edger’s Mission Farm Sanctuary :**:
( エドガーズミッションファームサンクチュアリー )
 
この施設では、迷子になったあらゆる牧場動物達を引き取り、飼育しています。
たくさんの心温かいボランティアで成り立っているんです:!!:
 

日本でもこんな施設はあるのかしら?
全部で250以上動物達が引き取られ、ここで暮らしています。
 
ここを見ると ( 英語ですが )、個々の動物達のエピソードが語られています。


サニーストーリーも、:wink: ここで見ることができますよ。
 





   さっそくともお友達に!


  

  仲間ができて、うれしそう!
  私も次回オーストラリアに帰った時は、ぜひサニーに会いに行きたいです :heart:

  





Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode