Interview

インタビュー一覧

プロゴルファー 福田 真未さん 後編




   

  プロゴルファー
  福田 真未さん を お招きしての後です。






ゴルフは自分自身との闘い
 
ロズリン:今まで、目標にしたり、あんな風になりたいと思った選手はいますか?
 
福 田 :宮里美香選手です。
     アマチュアの時に、合宿でご一緒させていただきラウンドする機会があった
     のですが、アイアンショットがすばらしくて、私もこんな風に打ってみたいと
     思いました。
 
     海外のツアーでもご活躍されていて、テレビで試合をよく拝見しますが、
     本当に彼女はどんな時でも落ち着いていて、気持ちの持ち方が強い方です。

 
ロズリン:今まで、ゴルフに飽きたことはあります?
 
福 田 :ありますよ ( 笑 )。


     プロテストの前の時もそうだし、調子が悪くなると、毎日 「もう、どうしてなの?」 
     と自分に問いかけることの繰り返しで、すごく孤独なんです。
 
     それがプロとしてあたりまえですが、そういう時にちょっと飽きた気分になります。、
 

ロズリン:好きなことを仕事にすると、いろんな気持ちがからむので大変ですよね。

     ゴルフは特にメンタル、自分自身との戦いといえます。
     調子が悪いときの気分転換は、何かありますか?
 
福 田 :それがあんまり上手じゃないんです。
     ゴルフ以外は運動音痴なのと、手にけがをしてはいけないので運動もやらないし、
     料理でさえできません。


     カラオケに時々いったり、買い物で気分転換ですかね。
     あっ、ネイルサロンも好きです ( 笑 )。

     今日のは奇抜ですが、こういうことでも気持ちがあがりますね。



ロズリン:ゴルフウェアの好みは? 
 
福 田 :プロだとやはり見られているので、ウェアには気を遣っています。
     私は動きやすいので、だんぜんスカートが好きです。
 
     かわいいコーディネートだと気持ちがあがります。
     冬は体が固くなることもそうですが、寒さでいろいろ着込むので、距離感が
     変わり、感覚を合わせるのに苦労しますね。
 
ロズリン:今日はウェア契約をしている、デイリーさんのファッションショーにも
     参加されますね。


福 田 :そうなんです。 試合より緊張するかも ( 笑 )。 
     でもかわいいウェアをいろいろ着るんですよ。
 
ロズリン:あとプロって、肌の手入れも大変でしょうね。
 
福 田 :日焼けどめは効果の強いのぬっています。 肌を守るのに必死ですが、
     どうしても日焼けはしますよね。
 
     でも私はゴルファーなので、そういうことをわかってくれる人と結婚したい
     ですね ( 笑 )。
 


ロズリン:真未さんが個人的に好きなゴルフ場ってありますか? 

福 田 :ありますね。 埼玉県にある霞ヶ関というゴルフ場。
     36ホールありますが、コースがどれもユニークでおもしろくて。
 
     うまくいっているな、と思うと穴があったりして、とても戦略性のあるコースが
     そろっているので、毎回とても楽しんでいます。

ロズリン:それは行ってみたいですね。
 
 

どんな人もその人なりに楽しめるのがゴルフの魅力
 

ロズリン:
パッティング に悩んでいる人へのアドバイスをいただけますか? 
     実は私の悩みなんですが ( 笑 )。

福 田 :とりあえず、オーバーにのせていったら大丈夫ですかね。
     ショートはよくないです。
 
     打ち方としては、足は絶対に動かさず、肩で振る感じ。

     イメージする時に、自分の思う弾道を考え、あそこに落とすという
     目標まで、点で位置を絞っていくといいですよ。
 


ロズリン: なるほど。 いいアドバイスをありがとうございます!

     私はゴルフを始めたのは遅くて、いったんやめようと思ったことはあるんですが、
     今ごろあきらめなくてよかったと思うんです。

     今日もブービー賞でしたが、ゴルフの恥はかきすてと、あえて続けています ( 笑 )。

     だから真未さんのお父さまがやめてしまったお話は、ちょっと残念に思います。

福 田 :そうですよね。今は観戦のほうが楽しくなっているようです。


ロズリン:何か一般の方で、ゴルフを楽しみたい方へのアドバイスは。

  

福 田 :スコアにこだわらず、まず楽しんでやってもらいたいです。
     1回悪くても、次に取り戻そうとその繰り返しで、へこまずにあきらめないことが
     楽しむコツだと思います。


ロズリン:
いいアドバイスです。 どんなにうまい人でもミスをしますし、逆に下手な人でも
     時々すごくいいショットを打ったりするんですよね。

     ちなみにアパガードは、こども用歯みがきのアパキッズの売上げの一部を
     盲導犬育成のために支援していますが、盲導犬チャリティゴルフのコンペに
     目の不自由な方たちも参加しているんです。

     ボールの位置を教えてもらうのですが、よくあてて充分楽しめるそうです。

福 田 :すごいですね。

     ゴルフはどんな方でもその方なりに楽しめる、80歳なら80歳なりにと年齢も
     関係なく楽しめる、本当に奥が深いスポーツだと思います。






ロズリン:
今後、どんな風に活動していきたいですか?

福 田 :やはりランクが上のツアーに出場し、上位にいきたいです。

     翌年、どんなレベルの大会に出られるかを決める予選会が毎年11月にあるんです。

     昨年はこれがあまりうまくいかなかったので、今年はここでがんばって、来年レベルの
     高い大会にたくさん出場したいですね。


ロズリン:
ぜひがんばってください! 応援しています。


       



<インタビュー感想>

 ここ数年、若い方がファッションを楽しみながらゴルフを始めることが
 多くなっているようですね。

 私が大好きなゴルフウェアブランド 「 Daily 」。

 このブランドも機能的でありながら、デザインが素敵でファッション性にすぐれています。
 当日はコンペの後、真未さんもモデルとして登場した Daily のファッションショーもありました!


  
     真未さん、冬のウェアで登場!

 
       
            ランウェイでもきれいなショットを披露


 コンペでは最初の数ホールを彼女と一緒に回ることができましたが、やはり芝の上では
 インタビュー時とは異なり、キリっと引き締まった表情がプロの顔でした。

 どのスポーツもそうでしょうが、ゴルフは教える人の素質と、プロのプレイヤーの素質は
 異なるといいます。
 トップで活躍するプレイヤーは意外と、プレイのコツを上手く人に伝えられないことが多い
 そうです。 天才的な感覚でプレイしているからでしょうか。

 福田真未さんも11才からゴルフを始めて、ほぼ毎日ゴルフクラブに触れてきたそうです。
 既にその感覚がそなわっているんでしょうね。

 私はゴルフが大好きだけど、上達しません。

 プロのお話を伺い、上達のヒントを得たいと ( 笑 ) 思っていましたが、まずは日々の練習、
 イメージトレーニング、そしてメンタル面の鍛錬ですね。 がんばります!!

 いずれは海外でプレイするようになりたいと語る真未さん。
 彼女なら大丈夫でしょう。 これからのご活躍を楽しみにしています!

 コンペ当日は秋晴れの気持ちのいいお天気。
 緑あふれる中で体を動かせば、リフレッシュできますよ。

 これからもゴルフを楽しみながら続けていきたいです。

 


 ◆Daily URLwww.dailygolf.jp




 




Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode