Interview

インタビュー一覧

鵜飼 ( うかい )

みなさんは鵜飼 うかい )を :roll: ご覧になったことはありますか?

を獲るために飼育したを用いる、日本古来のユニークな漁法です :!!:

鵜匠
うしょう ) という鵜使いの人が、をつなぎ川に放すと、
川でを飲み込んだの喉から、 8-| 飲み込みきれなかったを取り出すやり方で
漁を行います。


   
       旅館のパンフレットにあった漁の様子
  
は通常、に行われます。
船にはたいまつがとりつけられ、川を進みます。

漁場につくと、ホーホーという鵜匠の掛け声と、船べりを打つ音を合図に
鵜飼がスタートします!

薄暗闇の中、漁場たいまつの光 :**: に照らし出され、すぐそばであがる水音
激しく漁をする鵜たちのシルエット幻想的です :heart:


実は私、今年で鵜飼を見るのは :wink: 3回目なんです :!!:

岐阜県長良川鮎之瀬橋のたもと鵜匠の旅館 鵜の家 」 に宿泊し、
鵜飼を楽しみます :heart::heart:
 
鵜の家 足立 URL : http://www.ccn2.aitai.ne.jp/~akane/
 

この旅館の母屋が江戸時代中期に建てられた建物。
純和風で、 :-D とてもがあります。

そして鵜の家ご主人は、現在でなんと十八代目 :!!:
歴史を感じますね。
 
                              鵜飼の道具

     襖の取っ手にも、鵜の絵柄が


昔は30cmもの大きさに育ったがとれたそうですが、近年はの大きさが
小さくなってきたとか。 :| 残念なことですね。

でも旅館でいただく鮎づくしのお料理は、:mrgreen: どれも大満足です :heart:


 
   お庭にある鵜専用のプール。          こちらが鵜が出てきた様子    
   ここで餌をもらいます。            (パンフレットより)
 


たちが一度食べたを取り出すなんて、:cry: 何てかわいそう! と思っていましたが、
たちは一羽一羽とても大切に育てられていますし、のときも小さな鮎
そのまま飲み込んでしまい、飲み込みきれなかっただけを取り出すことを
考えると、:roll: としてはそんなに辛くはないのかもしれませんね。

も楽しそうにやっているようです。 :mrgreen:
 
この漁法を最初に考えた人は、どうしてこんなやりかたを思いついたのか :ase:
不思議ですが、現在は宮内庁管轄下行事として続けられています。


ぜひ見る機会があれば、:chin: おすすめです:heart:

 







Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode