Interview

インタビュー一覧

株式会社ロータスサプライ 社長 中西芳子 さん 後編






  
  株式会社ロータスサプライ 社長
  中西 芳子さん をお招きした後篇です。




単語を並べて、英会話
 
ロズリン:英語はどんなふうに勉強されたんですか?
 
中 西 :学校に行くお金も時間も暇もないの。
     いまと違ってスピードラーニングみたいな英会話教材もないし。

     それで、ラジオを聞いたり、父が持っていた英語の本を借りたり。
     コピー機もないから、必要なところだけ書き写して、歩きながら覚えたりもしたわ。
 
     仕事で使うという目的があると、覚えるのは早いわね。

     文法なんかにこだわらず、単語並べただけでも意味が通じればいいのよ!
     日本人は文法にこだわりすぎよね。

 

ロズリン:私は環境が整っていたので楽でしたよ。
      いろんな教室もあったし、教材もあったし。
 
中 西 :若いときだとすぐ頭に入るわね。 必要に迫られると、意欲が違うしね。
 
 

若さの秘密は自社製品に? 
 
ロズリン:会社では、どんな製品を扱っているんですか?

 

中 西 :タンパク質やビタミン、ミネラルなど、基本的なフーズサプリメントを主に
     扱っています。
 
     OOに効くというよりは、食事で足りない栄養素を補うものね。

     錠剤タイプ、粉末タイプと色々あるけど、特長としては、味がなかなか
     美味しくて飲みやすいものが多いの。
     携帯しやすいので、旅行先にも気軽に持っていけます。

     人気があるのは、身体の不調に効果的に作用するムーンドロップという製品。
     これには月見草と母乳にしか入っていない稀少な成分が入ってます。

     またナチュラルパワーという品。
     これは乳酸菌の働きで腸内環境をキレイにして、免疫力を向上させるのよ。
     どちらもオススメです。

   
     あと私は毎朝、プロテインにマルチビタミンが摂れるレモン風味の粉末ジュース、
     目によいブルーベリーのアイフレッシュナー、関節によいジョイントパワー等々、
     みな入れて専用のシェイカーでシェイクしてグイッと飲んでいます。

     もちろん今朝も飲みました。(笑)

     そして、プラセンターエキスの飲む、つけるセット。若々しい肌を保つのに
     かかせない私一番の愛用品です!
 

ロズリン:
それでこんなにお若いんですね。中西さんご自身が商品の宣伝になりますね!
 
中 西 :そうね、年のわりには元気だわね。




好きなことに次々挑戦!
 
ロズリン:いま、お仕事はどんなペースで?
 
中 西 :月に数回、会合に出たりイベントに出たり講演したり。 そのくらいに
     減らしてもらってるの。
  
     若いころからずっと働き続けてきたから、好きなことにも時間を使いたいと思って。
 
ロズリン:好きなこととは?
 
中 西 :まず、60歳のときに歌を始めました。 70歳では、水彩画。
     80歳では、フラダンスとヨガ。

      
  

ロズリン:多趣味ですね! 実は私も教会の聖歌隊でうたっているんですけど、
     昔みたいに声が出なくなっちゃって。
 
中 西 :年をとると声が出ないと思っているかもしれないけど、そんなことないわよ。
     年は関係ないですよ。
 
     声帯を使っているかどうかが問題なのよ。 使わないとダメ。
 

ロズリン:
どんな歌をうたうのですか?
 
中 西 :毎年、お友だちに集まっていただいてリサイタルを開くんですが、カンツォーネ、
     シャンソン、日本の名曲など。

     去年は銀座でタンゴをうたいました。

      

ロズリン:練習は大変じゃないですか?
 
中 西 :それが、そんなに練習しないの。 何回も楽しく歌うだけ。
     そもそも歌って、技術より表現でしょ。私らしく歌うことが大事かなって。
     
     それに私、本番に強いの! 
 
 
世界一周旅行にもチャレンジ!
 
ロズリン:お部屋に飾ってある絵は、中西さんが描かれたんですか?

       

中 西 :
そうよ。 そちらも自己流でね。

     旅行に行ったときに写真を撮ってきて、それを見ながら描くの。
     どんなふうに空の感じを出そうかなって考えながら描くのは、楽しいわよ。

  

ロズリン:どんどん新しいことにチャレンジしてすばらしいですね。
     海外への旅も多いですか。
 
中 西 :80歳になる前に、ピースボートの船に乗って世界一周したの。

     一人で参加したんですけど、好きな企画出していいっていうんで、童謡唱歌の会を
     作ろうと思って、楽譜やらテープやらたくさん持ち込んだの。

     誰かピアノ弾いてくれる人がいればいいなあと思っていたら、津軽弁で非常に
     ユニークなご老人 ( 失礼 ) が、引き受けて下さってね。

     彼と老老コンビ組んで、会には大勢のメンバーができました。
     たくさんお友だちができて、楽しかったわ!

     船友とは、今も楽しい交流が続いています。



      
 

やりたいことは山ほど!
 
 
ロズリン:まだまだチャレンジしたいことはありますか?
 
中 西 :やりたいことは山ほどあるわね。
     何かやりたいことがあるって、とても大事なの。
     何もないと人生、つまらなくなっちゃうでしょ。

     私は “ 一寸無理かな ”と思うことに挑戦するのが好き。

     まずは、私の経験を書いてみたいと思っているの。
     「 芳子のひとりごと 」 って題にして。
     10代の少女が体験した戦中、戦後の生活など。 そして戦争の愚かしさを。
     今の戦争を知らない若い人たちに、ぜひ伝えたい。

     あとは絵ね。
     今度、引っ越すところは緑が多いから、たくさんスケッチして、できれば近くの
     絵の会にでも入ってお仲間を作ろうと。

     趣味があるとお仲間ができるからいいわね。
 
     家族やまわりの人たちは、 「 もう年なんだからそんなに欲張るな 」 って言うん
     だけど、年寄りだからって何もしなければ 「 夢見る夢子さん 」 になっちゃう。    
     要するにボケちゃうってことよ。

     これからもどんどんいろんなことに興味持って、
     楽しく生きていきたいと思ってます。

  


<インタビュー感想>
 
 本当に陽気で元気な中西さん。インタビューが終わったら、なんだか自分自身が
 充電されたような気持ちになりました。
 
 いまでこそ女性が起業されることは珍しくない時代ですが、中西さんが30代で起業された
 当時を考えれば、並大抵のバイタリティでは、難しいことだったと思います。

 また当然起業された後もたくさんのご苦労があったでしょう。
 
 趣味である歌 ( タンゴ・カンツォーネ・シャンソン ) の発表会でも、うまく歌おうと思わない
 から本番に強いと語られる中西さん、なるようになるという常に前向きな気持ちで努力
 されたからこそ、お仕事でも現在の成功に至ったのだと思います。
 
 本当に食べる物もなかった戦後に、女性でありながら一家の大黒柱としてキャリアを
 積まれた中西さんは、日本女性のお手本ですね。
 
 現在の歌や童謡、ヨガやフラダンスに加えて、まだまだやりたいことがたくさんあると。
 これが自社で販売されているサプリに加えて、若さの秘密でしょうね。
 
 私も中西さんに習って、こらからも常に新しいことにチャレンジしていきたい!






Profile

日本で人生の半分以上を暮らし、動物(特にネコ)と自然、最近はゴルフも愛する、心優しきオーストラリア人。
ワインなら何杯でも?いける口です♪

Categories

Search

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

LINK

Archives

Others

Mobile

qrcode